大阪スマートシティパートナーズフォーラム設立式典で法人の取組を紹介

更新日:2020年8月26日

2020年8月25日に開催された大阪スマートシティパートナーズフォーラム設立式典に、西澤良記理事長が出席しました。

パネルディスカッションでは、『ウィズコロナ・アフターコロナのスマートシティ~2025年大阪・関西万博に向けて~』をテーマに、森清氏(公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 副事務総長)、永藤英機氏(堺市長)、吉村洋文氏(大阪府知事)とともにパネリストとして登壇し、スマートシティ実現のために2022年4月開学予定の大阪公立大学(仮称)が果たすべき役割などを語りました。

公立大学法人大阪は、大阪公立大学(仮称)の開学や2025年の森之宮キャンパス開設準備と並行してスマートユニバーシティ戦略を推進・実践し、大阪城東部地区のスマートシティ実現に寄与してまいります。

パネルディスカッションで放映した大阪公立大学(仮称)のPVフルバージョンはこちらから視聴可能です。ぜひご覧ください。

https://youtu.be/Uz-u_vL6tjk

 

※設置構想中。新組織は構想中のものであり変更の可能性があります。

PAGETOP