新大学名称が決定し、会見を行いました

更新日:2020年6月26日

大阪府立大学・大阪市立大学が融合して新たに設置する新大学(2022年4月開学予定:設置構想中)の名称が「大阪公立大学(英語表記:University of Osaka)※」に決定いたしましたので、お知らせいたします。

2020年6月26日(金)、大阪市役所にて吉村大阪府知事、松井大阪市長、西澤理事長の三者による会見が開かれ、西澤理事長は「12学域・学部、15研究科の多彩な学問領域を有する日本最大規模の公立大学となる。若い方々が生き生きと学べる大学にしたい」とコメントしました。

1. 新大学名称

大阪公立大学(英語表記:University of Osaka)※

2. 決定経緯

  • 2020年4月より新大学名称検討委員会(注1)を複数回開催し、3案選定
  • 2020年6月26日、大阪府知事、大阪市長、公立大学法人大阪理事長の三者で最終決定

(注1)新大学名称検討委員会 委員構成
西澤 良記(公立大学法人大阪 理事長)、福島 伸一(株式会社 大阪国際会議場 代表取締役社長(公立大学法人大阪 経営審議会委員))、山口 信彦(大阪府 副知事)、山本 剛史(大阪市 副市長)、辰巳砂 昌弘(公立大学法人大阪 副理事長(大阪府立大学長))、荒川 哲男(公立大学法人大阪 副理事長(大阪市立大学長))

理事長メッセージ

大阪府立大学と大阪市立大学の統合により、令和4年度(2022年度)に設置予定の新大学の名称が「大阪公立大学(英語表記:University of Osaka)※」に決定いたしました。
新大学は、12学域・学部、15研究科の幅広い学問領域を擁し、学生数約16,000人の日本最大規模の公立大学です。両大学の融合により創出される新たな教育や研究を大都市大阪という立地を生かして展開し、これまでの大学の概念を超える新たな大学の実現をめざしてまいります。

2020年6月26日
公立大学法人大阪理事長 西澤 良記

※設置認可申請を本年10月末に行い、来年度に認可を受ける予定です。

PAGETOP