統合に関する情報

 設置構想中の新大学に関する最新情報は、こちらをご覧ください。

大阪公立大学学長候補者選考について

このたび、公立大学法人大阪は2022年4月に開学される大阪公立大学(設置認可申請予定)の学長予定者を選出するにあたり、候補者の推薦を受け付けます

新大学基本構想の変更(令和2年7月)について 2020.7.29更新

変更の背景

 令和2年1月、新大学の方向性や教育研究組織、キャンパス整備の方針等を示した「新大学基本構想」を府・市・法人で取りまとめました。

 その後、3月の府議会教育常任委員会において、「森之宮新キャンパスについては、新大学が都市シンクタンク機能や技術インキュベーション機能を掲げていることから、今後、大阪城東部地区のポテンシャルを高度に活用して、先端的研究の推進につなげることができる研究分野や産学官連携の拠点に重点を置いた配置について、再検討すること。」との附帯決議が付されました。

 また、大阪城東部地区まちづくり検討会において5月にとりまとめられた「大阪城東部地区のまちづくりの方向性(案)」では、大阪城東部地区を「次世代型キャンパスシティ」と位置づけ、新大学を先導役にまちづくりを進めていくとしており、スマートシティ推進機能や都市シンクタンク機能、技術インキュベーション機能など、今後、大学が先導役となって展開していくこととしています。

 これらの状況を踏まえ、より森之宮キャンパスに相応しい教育研究組織や機能など、新大学の配置学部等について、改めて検討を行い、新大学基本構想を下記のとおり、変更することとしました。

新大学基本構想変更の考え方(277KB)

新大学基本構想の変更内容(411KB)

新大学基本構想(変更後)(4.5MB)

公立大学法人大阪第1期中期目標の変更について

 大阪市立大学と大阪府立大学の統合による新大学設置を令和4年(2022年)4月に行うことが盛り込まれた中期目標変更に係る議案が本年2月21日に大阪市会で可決され、3月24日に大阪府議会で可決されました。また、新大学のキャンパス整備費を含む新大学設置準備経費が計上された令和2年度(2020年度)予算案について、3月24日に大阪府議会で可決され、3月26日に大阪市会で可決されました。
 これら一連の議決により、新大学の設置・開学時期が明確に示され、また、森之宮の都心新キャンパスや既存キャンパスの整備を本格的に進めることとなりました。大阪城東部地区への森之宮キャンパスの整備や既存キャンパスの整備を進め、民活をはじめとした整備の仕組み等について議論を進めてまいります。
 あわせて、本年1月に大阪府・大阪市とともに策定・公表いたしました「新大学基本構想」を踏まえ、従来の“公立大学”の枠を超えた大都市・大阪の発展を牽引する「知の拠点」をめざし、魅力ある新大学を実現してまいります。
 なお、入学から卒業まで大阪市立大学・大阪府立大学として実施する教育カリキュラムについては、大阪市立大学・大阪府立大学として実施してまいります。また、学位についても大阪市立大学・大阪府立大学として授与されます。

令和2年3月26日
公立大学法人大阪
理事長 西澤良記

新大学基本構想(大阪府・大阪市・公立大学法人大阪)について

 公立大学法人大阪では、⼤阪府⽴⼤学及び大阪市⽴⼤学を統合した新⼤学を設置することをめざしており、このたび、⼤阪府、⼤阪市及び公立大学法⼈⼤阪の3者による「新⼤学基本構想」を策定しましたので、お知らせします。
 新⼤学基本構想では、教育研究組織の姿、新キャンパス、教育内容等について⽰しています。
 今後は、魅⼒ある新⼤学の実現に向け、関係機関と調整しながら、令和4年度(2022年度)の開学をめざして、府市とともに新大学の実現に向けた準備を教職員一丸となって進めてまいります。

新大学基本構想(大阪府・大阪市・公立大学法人大阪)(13.2MB)

令和2年(2020年)1月17日
公立大学法人大阪
理事長 西澤良記

「公立大学法人大阪第1期中期目標の変更案」について

 大阪府・大阪市より連名で令和元年12月9日付「公立大学法人大阪に係る第1期中期目標の変更案にかかる意見聴取について」により意見照会がありましたので、公立大学法人大阪として令和元年12月25日付で回答いたしました。

公立大学法人大阪中期目標の変更案にかかる意見聴取について(依頼)(216KB)

公立大学法人大阪の中期目標変更案に係る意見について(回答)(94KB)

令和元年(2019年)12月25日    
公立大学法人大阪 
理事長 西澤 良記

新大学基本構想について

 大阪府立大学と大阪市立大学は、これまでも大学業務における連携・共同化等を図るとともに、両大学の統合による魅力ある新大学実現に向けた検討を行ってきました。
 2019年4月に両大学の設置法人の統合により発足した公立大学法人大阪においても、中期目標に「両大学の統合による新大学実現へ向けた取組の推進」を掲げ、これまで以上に両大学及び大阪府・大阪市との密な連携を図り、教育研究組織や新キャンパス、教育内容や組織の在り方について、検討を進めてきたところです。
 そしてこの度、新大学のめざす姿を「新大学基本構想」としてとりまとめ、本法人から大阪府・大阪市へ提案いたしました。
 新大学では、これまで培ってきた両大学の歴史と伝統を活かし、理系・文系・医系の幅広い学問体系を擁する総合大学として 、国際化やダイバーシティにも積極的に取り組み、世界に展開する高度研究型大学をめざすとともに、設立団体である大阪府・大阪市との緊密な連携の下、「都市シンクタンク」「技術インキュベーション」機能の2つの新たな機能を充実・強化することにより、従来の“公立大学”の枠を超えた大都市・大阪 の発展に貢献する知の拠点をめざします。
 新大学の実現に向けて、今後、学生・卒業生をはじめ広く関係する方々からの意見もいただきながら、大阪府・大阪市との一層の連携のもと準備を進めてまいります。

令和元年(2019年)8月27日   
公立大学法人大阪 
理事長 西澤 良記

新法人(公立大学法人大阪)の設立について

 旧公立大学法人大阪府立大学と旧公立大学法人大阪市立大学の新設合併により、大阪府立大学、大阪市立大学及び大阪府立大学工業高等専門学校を運営する公立大学法人大阪が2019年4月1日に設立され、新たなスタートを切りました。

 

2019年3月までの情報は各大学ホームページに掲載しています。

PAGETOP