統合に関する情報

新大学基本構想について

 大阪府立大学と大阪市立大学は、これまでも大学業務における連携・共同化等を図るとともに、両大学の統合による魅力ある新大学実現に向けた検討を行ってきました。
 2019年4月に両大学の設置法人の統合により発足した公立大学法人大阪においても、中期目標に「両大学の統合による新大学実現へ向けた取組の推進」を掲げ、これまで以上に両大学及び大阪府・大阪市との密な連携を図り、教育研究組織や新キャンパス、教育内容や組織の在り方について、検討を進めてきたところです。
 そしてこの度、新大学のめざす姿を「新大学基本構想」としてとりまとめ、本法人から大阪府・大阪市へ提案いたしました。
 新大学では、これまで培ってきた両大学の歴史と伝統を活かし、理系・文系・医系の幅広い学問体系を擁する総合大学として 、国際化やダイバーシティにも積極的に取り組み、世界に展開する高度研究型大学をめざすとともに、設立団体である大阪府・大阪市との緊密な連携の下、「都市シンクタンク」「技術インキュベーション」機能の2つの新たな機能を充実・強化することにより、従来の“公立大学”の枠を超えた大都市・大阪 の発展に貢献する知の拠点をめざします。
 新大学の実現に向けて、今後、学生・卒業生をはじめ広く関係する方々からの意見もいただきながら、大阪府・大阪市との一層の連携のもと準備を進めてまいります。

令和元年8月27日   
公立大学法人大阪 
理事長 西澤 良記


新法人(公立大学法人大阪)の設立について

 旧公立大学法人大阪府立大学と旧公立大学法人大阪市立大学の新設合併により、大阪府立大学、大阪市立大学及び大阪府立大学工業高等専門学校を運営する公立大学法人大阪が2019年4月1日に設立され、新たなスタートを切りました。

 

2019年3月までの情報は各大学ホームページに掲載しています。

PAGETOP