食栄養学科

バイオサイエンスの視点から健全な食生活について学び、食と栄養に関する基礎的・実践的な知識を身に付けた「食・栄養」の専門家をめざします。科学的根拠に基づいた食品の機能性探索や安全性評価法、栄養管理法を体系的に学び、食品開発や医療、国や自治体の健康施策立案、栄養教育など、多様な分野に対応できる基礎能力を培います。また、疾病の予防や健康の維持・増進のための食生活を指導する能力を養い、社会のニーズに見合った柔軟な健康支援ができる人材を育成します。

研究領域

  • 食品科学
  • 栄養生理生化学
  • 健康科学
  • 栄養教育学
  • 公衆栄養学
  • 臨床栄養学

主な専門科目

  • 社会・環境と健康
  • 食品有機化学
  • 生化学
  • 解剖生理学
  • 食品学
  • 食品衛生学
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論

取得可能な免許・資格・受験資格(予定)

  • 栄養士〈免許〉
  • 管理栄養士〈受験資格〉
  • 栄養教諭一種免許状
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)

居住環境学科

居住環境を中心とする建築やインテリア、まちづくりなどの構築環境の企画、計画、管理において、人々の生活の質の向上のために諸課題を創造的に解決できる専門家を養成します。文系と理系という枠を超えた幅広い領域を網羅する学びにより、文化・芸術から技術・設計に至るまでの知識と技能を身に付けます。卒業後は大学院への進学、官公庁・建設・住宅・不動産・コンサルタント・設計事務所など、多方面で活躍することができます。所定の科目の履修により、1級建築士の受験資格が得られます。

研究領域

  • 住生活学
  • 居住空間情報学
  • 居住空間構造学
  • 居住空間計画学
  • 居住空間設計学
  • 居住環境工学
  • 居住安全人間工学
  • 住居設計学

主な専門科目

  • 居住環境学概論
  • 住生活論
  • 建築一般構造
  • 建築・環境法規
  • インテリア計画学
  • 人間工学
  • 住居計画学
  • 設計製図
  • データサイエンス入門
  • 都市計画
  • 建築材料学
  • 居住環境工学

取得可能な免許・資格・受験資格(予定)

  • 1級建築士〈受験資格〉
  • 2級建築士〈受験資格〉
  • インテリアプランナー〈登録資格〉
    (所定の試験に合格した者のみ)

人間福祉学科

人間のウェルビーイング(幸福)の観点から生活問題を多角的に分析し、臨床心理学的・社会福祉学的支援のあり方、地域・社会のあり方、ワークライフバランスのあり方など具体的な解決策を導き出す専門家を養成します。実習・演習では対人援助のコミュニケーション力のほか、実践を振り返り洞察していく力も養います。また、社会福祉士や公認心理師の国家試験受験資格取得に必要なカリキュラムも提供。行政機関や福祉施設、医療施設、コミュニティ、民間企業など国内外のさまざまな実践現場で多方面に活躍できる人材を育成します。

研究領域

  • 社会福祉学
  • 福祉政策学
  • 福祉システム学
  • 社会開発学
  • 心理臨床学
  • 先端ケア学
  • 家族社会学

主な専門科目

  • 人間福祉学概論
  • 社会福祉原理論
  • 臨床心理学概論
  • 社会政策学
  • 発達心理学
  • ソーシャルワーク論
  • 心理的アセスメント
  • 福祉システム学
  • 社会開発学
  • 地域福祉論
  • 社会疫学
  • 家族社会学

取得可能な免許・資格・受験資格(予定)

  • 社会福祉士〈受験資格〉
  • 公認心理師〈受験資格〉
  • 社会福祉主事

※人間福祉学科の資格取得に係る実習・演習科目の履修は、学内選抜による定員制です。

※学部において法令で定める科目を修めて卒業した上で、次のいずれかが必要です。
(1)大学院に進学し法令で定める科目を修めて修了する
(2)法令で定める養成施設において一定期間以上の業務に従事する

※新大学の取得可能な免許・資格等は予定であり、今後変更の可能性があります。