看護学部 School of Nursing

人間を看る、
その言葉の本質とは。

学科紹介 Faculty

  • 看護学科

学びの 特長

高い倫理観と
豊かな人間性をもち
人々の健康に寄り添う

多様なキャリアパスを志向し、看護の対象や他職種と看護の価値を創造する共創的看護を提供できる実践力をもつ看護人材や、ケアと科学を融合できる創造的力をもつ看護人材を育成します。

特長 01

感受性豊かな看護職者を育成

充実したカリキュラムにより、幅広い教養と倫理的態度、豊かな人間性を兼ね備え、科学的思考に基づいた判断力や高度な実践能力を持った看護職者を育成します。

特長 02

多様なキャリアパスの実現

先進ケア科学コースおよび実践看護科学コースから、自らが学修する方向性を選択できます。基礎的な学術志向性と自立心を持ち、看護の発展に貢献できる人材を育成します。

自らの志向で選択可能な2つのコース

先進ケア科学コース

ケア科学の創造を追究し、研究コンピテンシーの開発を基本コンセプトとしたコース。ケアを牽引できる新たな看護を創造する力を養います。

実践看護科学コース

科学的なエビデンスを踏まえた看護実践を追究し、共創的看護を基本コンセプトとしたコース。多様な場で確かな看護を実践できる力を養います。

          

大学院に進学し、専門性の高い看護実践力と看護教育、研究力をもつスペシャリストをめざすこともできます。

高度な実践力をもつ看護職者を育成する2つのコース

  • 修士論文コース
  • 実践看護研究コース

時代に応じた看護のスペシャリストを養成する看護学研究科

看護学専攻
看護学研究科では、博士前期課程に修士論文コース(先進ケア科学領域、実践看護科学領域)と実践看護研究コース(実践看護科学領域:9の専門看護師、看護教育者、看護管理実践者養成)を、博士後期課程に先進ケア科学領域、実践看護科学領域を設置し、選択する分野を豊富に準備。専門看護師養成課程を多数設置する教育機関の1つです。博士前期課程の修士論文コースにおいて、高度な実践力や研究力を有する助産師養成課程を2023年度から、保健師養成課程は2025年度に開設予定です。

将来の自分を想像し、キャリアパスと向き合う大学生活を

学生の皆さんには、知識や技術の習得だけにとどまらず、科学的思考に基づいた判断力や問題解決能力を身に付けてほしいと考えており、発問や双方向性討議を意識的に取り入れた授業を実施しています。また、学びを進める中で多様なキャリアの選択肢にふれてほしいと思います。さまざまな看護学を学ぶキャリア発展科目やさらに学びを深める大学院進学などを視野に、「どのような看護職になりたいのか」を追求してください。

園田 奈央 准教授

能動的な学びが新しい時代の看護を創る。

授業において心掛けているのは、学生のやる気やモチベーションを高めることです。例えば双方向授業により学生の参画を促すこともその手法の一つ。また実際の臨床で働いている看護師の方に講義をしていただき、現場の可視化を行うことで学生のやる気を刺激することも。学生の皆さんには学びに対する前向きな姿勢を常に持ち続けてほしいと思います。技術の目覚ましい進歩とAIなどの新たなテクノロジーが次々と導入される医療・看護分野において、より一層人の強み、専門性が求められます。変化する社会の中で、自分は何をしたいのか、活躍できる場を自ら見つけることができるように、楽しむことを忘れず本学部で多くのことを学んでください。

趙 崇来 講師

  • 看護師国家試験受験資格
  • 養護教諭一種免許状

※ 養護教諭及び教職に対する科目を履修する必要あり

※新大学の取得可能な免許・資格等は予定であり、今後変更の可能性があります。