キャンパスライフ

キャンパス紹介

森之宮

キャンパス

(2025年〜予定)

全学の基幹教育や、一部学部学科のメインキャンパスとして開設予定です。

杉 本

キャンパス

国内最大規模の大学図書館をはじめ、多彩な研究施設を完備。高度で豊かな学びの機会を提供するキャンパスです。

中百舌鳥

キャンパス

約47ヘクタールの広大な敷地に、高度な研究・教育施設をはじめ、水田や果樹園、多様な樹木など豊かな自然があります。

阿倍野

キャンパス

医学・医療・看護学に特化したキャンパス。附属病院にも隣接し、地域医療の中核的かつ高度な総合医療機関となっています。

羽曳野

キャンパス

看護やリハビリテーションに関連する最新設備や実習施設が充実した、保健医療分野の人材を育成するキャンパスです。

りんくう

キャンパス

動物検疫所関西空港支所などの防疫関係機関と連携しながら、先端的な動物バイオ研究を推進する国際的研究開発拠点です。

梅田サテライト

交通至便な大阪駅前第2ビルにあるサテライトには、社会人向け大学院(都市経営研究科)などがあります。

理学部附属

植 物 園

2018年に全国初となる認定希少種保全植物園に認定。絶滅危惧植物の保護育成に積極的に取り組んでいます。