PAGE TOP

SCROLL

  1. ホーム
  2. キャンパスライフ
  3. 躍動する学生たち(安藤 晴香)

Campus Lifeキャンパスライフ

躍動する学生たち(安藤 晴香)

2020.09.30

協定校留学でロシア
サンクト・ペテルブルグ大学へ留学

安藤 晴香(あんどう はるか)さん

大阪市立大学 法学部

大阪市立大学には海外の大学との交流協定に基づき、学生を派遣する交流プログラム「協定校留学」があります。長期間の派遣と短期間の派遣があり、毎年1~30名の学生が参加し、相互理解と友好親善を図っています。安藤さんは短期間の派遣により留学されました。

安藤 晴香さんのコメント

留学期間に感じたこと

今回、私たちはサンクトペテルブルグ大学で日本語を学ぶ学生らの授業に参加し、交流を深めることができました。2年生の数人と仲良くなり、散歩に行ったりご飯に行ったりもしました。彼らは私たちと同じように、入学してから1年ほど日本語を学んだだけだというのに、辞書も使わず私たちと普通に会話ができるレベルで日本語が上手くて、本当に驚きました。これはほかの言語を学ぶときもそうだと思いますが、現地の語学学校に通うと、結局その言語を学ぶ外国人たちだけが集まるので、それだけでは肝心のその国の友達と交流できないと思いました。今回、アクションをとったことで同い年のロシア人の友達ができたことは本当に刺激的で、良い経験になりました。


Messageこれから留学する人に伝えたいこと

海外で生活することは新たな発想の連続です。日本は先進国であり、モノやサービスの質は素晴らしいですが、働き方や、集団志向的な所に私は窮屈さを感じることがありました。ロシアは広い国なので、景色も開放的ですし、マイペースな人が多いのかなと感じました。
多様性の認められるこの時代、この文化が正しいからそれに合わせないといけない、というのに縛られず、自分に合った場所を選ぶことができるのだと心に留めておくと世界が広がると思います。

※協定校留学は現大学での取り扱いとなり、新大学での取り扱いは未定です。