躍動する学生たち | 塩川 健斗

躍動する学生たち

「トビタテ!留学JAPAN」でアメリカへ留学

2020.10.21

塩川 健斗(しおかわ けんと)さん

大阪府立大学 工学域 機械系学類

 「トビタテ!留学JAPAN」は、意欲と能力ある全ての日本の若者が海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年10月に文部科学省が開始した留学促進キャンペーンです。大阪府立大学・大阪市立大学からも毎年たくさんの学生が狭き門をくぐり抜け、この制度を活用して海外へ飛び立っています。塩川さんは「トビタテ!留学JAPAN」に合格し、アメリカのオレゴン州立大学へ半年間留学しました。

応募とオレゴン州立大学への留学

 塩川さんは「トビタテ!留学JAPAN」に合格し、アメリカのオレゴン州立大学へ半年間留学しました。大学院進学時、留学するには院生期間が最後のチャンスだと気づき留学先を探し始め、前年にこの制度を利用した先輩に相談し、応募へ踏み出すことができたそうです。塩川さんは「留学中、文化や生活習慣の違いで中々自分の思うようにいかない、伝わらないことは多々ありましたが嫌になるのではなく、それでもあなたのことを受け入れますよという気持ちでいることに努めました。そういう気持ちが相手にも伝わり、振り返ってみれば本当にたくさんの人と繋がることができたと思っています」と当時のことを話してくれました。今では、留学を通して人生が豊かになったと感じている塩川さん。みなさんもぜひ留学にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

高校生へのメッセージ

今はプレッシャーがどんどん押し寄せて、そして勉強は大変だと思いますが、必要以上に焦らず、常に一歩引く余裕を持つことが今後においても大切だと思います。また、今やっている勉強は将来何の役に立つのかと疑問を持つこともあると思いますが、学んだことはどこかに繋がっていくので、ぜひ今より未来の自分のためにポジティブに勉強してください。
詳しくはこちら
http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2019/08/28/kento_shiokawa/