躍動する学生たち | 三戸 隆成

躍動する学生たち

世界青少年「志」プレゼンテーション大会へのチャレンジ

2020.10.21

三戸 隆成(みと りゅうせい)さん

大阪市立大学 商学部

 世界青少年「志」プレゼンテーション大会は、一般社団法人 志教育プロジェクト主催、文部科学省・環境省・読売中高生新聞後援で開催されている大会で、世界の青少年が自分の力を生かして世のため、人のため、未来のために自分がやるべきことを明確にした決意「志」をテーマにプレゼンテーションを行います。

ファイナリストに選出された経験と喜び

 2019年9月15日、三戸さんは第2回世界青少年「志」プレゼンテーション大会で世界各国より応募のあった135名の中から、見事13名のファイナリストに選ばれました。三戸さんのプレゼンテーションのテーマは“若い人達の「挑戦しない」を変える”。
大会後、三戸さんは「ファイナリストまで残れたことの喜びと世界の凄さを感じました。今まで素敵な人たちと出会えたり支えられたり、こういった経験のおかげで、素晴らしい志を持つことができました。あとは実現するために、たゆまぬ挑戦をしていきます」と語ってくれました。この大会で三戸さんは立志賞を受賞しました。

新入生・受験生の皆様へ

好きなことの見つけ方についてお話します。
僕は今まで興味のあること全てに飛び込んできた。
無人島、ヒッチハイク、海外バックパッカー、漫才、路上ライブ、TikTok、プレゼン大会、インターン、千人規模のイベント運営、起業など…
これらの経験から気づいたのは、やっている内に好きになる。これはすごく重要なこと。
「好きなことはやってみないとわからない」だから、君が、したい!面白そう!と思った選択肢に飛び込み、常に『どうやって』乗り越えるかを考える。必ずなんとかなるから。
そうやって好きなことを見つけてほしい。これから素敵な人生を歩んでいく君ならできるよ。
応援しています。