躍動する学生たち | 東口 夏樹

躍動する学生たち

協定校留学でアイルランドのダブリンシティ大学に交換留学生として留学

2020.11.30

東口 夏樹(ひがしぐち なつき) さん

大阪市立大学 文学部

 大阪市立大学には海外の大学との交流協定に基づき、学生を派遣する交流プログラム「協定校留学」があります。長期間の派遣と短期間の派遣があり、毎年1名~30名の学生が参加。相互理解と友好親善を図っています。東口さんは長期間の派遣により留学されました。

東口 夏樹さんのコメント

留学期間にかんじたこと

 8か月間の留学生活の間、毎日が楽しくて基本的にホームシックになったりすることは無かったのですが(笑)、言いたいことがうまく言えない自分に腹立たしくなったり、自らの語学力が本当に向上しているのか自問自答し、時にネガティブな感情になることもありました。でも、落ち込んだりしたときもいつも笑顔で優しく私のことを受け入れ、支えてくれる優しい友達のおかげで、乗り越えることができ、あらためて友達の大切さ、そしてそんな仲間が日本だけでなく世界の他の国にできたことは、本当に幸せなことだなと感じています。たくさんの学びを得たこの留学ですが、やはり人との出会いはかけがえのない1番大切な財産となりました。

新入生・受験生へのメッセージ

高校の頃からの夢だった長期海外留学に、交換留学という形で参加できて本当に良かったと感じています。慣れない異文化の環境下で過ごした8か月間は帰国後も私に自信を与えてくれました。そして何より、人との出会いが留学の醍醐味であると思います。受験生の方、大変なこともあると思いますが最後まであきらめずにがんばってください。新入生の方、これから始まる4年間の学生生活を存分に楽しんでください。そして、様々な形でこれから留学に挑戦される方を応援しています。

  • ※協定校留学は現大学での取り扱いとなり、新大学での取り扱いは未定です。