化学科

 物質の構造・機能・物性に関する原理を追究し、新しい物質を創製することで、豊かな未来社会づくりに貢献する学問、それが化学です。化学の研究対象は、自然界の化学現象だけではありません。天然にはない新しい機能をもつ化学物質(分子)を設計したり、それを合成する研究が多彩にかつ幅広く展開されています。生体内の化学反応や酵素の働きは無論のこと、生命にとって大切な化学現象のうち、解明できた現象はほんのわずか。

 人間にとって重要で、おもしろい化学の研究テーマはたくさんあります。化学を研究すれば、肉眼では絶対に見ることのできない極微の世界、電子・原子・分子が活躍しているミクロの世界といつも関わることができます。現在では「量子の法則」をもとに、未知の分子の構造と性質を理論的に予測することも可能になってきました。現代化学はいわばルネッサンス期にあり、次世代に向かって大きく変わりつつあります。

 

化学科のカリキュラムの特色


特徴
化学科専門教育科目は基礎教育科目(全学共通)が修得されていることを前提としており、外国語科目と合わせて指定された年次内に修得することが必要です。

実験科目
化学科では実験を重視しています。基礎教育科目として2年次に基礎化学実験を必修としています。3年次には化学実験1、2を必修として課しています。実験科目を通じて、実験計画の立て方や問題解決力、結果の考察や報告に関する能力を身につけます。化学物質の安全性や安全な実験方法の習得も化学実験の目的です。

卒業研究
4年次に各研究室に所属し、最先端の化学研究に直接携わります。研究に加えてセミナー等で自己研修することによって、化学の専門家としての基礎的な知識・素養・人間性を高めます。卒業論文の作成および発表を課しています。
教職科目  化学科を卒業した学生は中学校・高等学校教諭1種免許状<理科>の受験資格が得られます。教職科目がとれるように配慮した時間割になっています。


化学専攻(大学院)


現在、先端の学問領域はボーダーレス化の時代にあり、新たな領域が勃興しつつあります。物質科学と化学についても内容の高度化と境界領域の著しい発展には目ざましいものがあります。このような急激な質的変化に対応するため、従来の物質科学と化学の分野を統合したのが化学専攻です。


研究室ホームページ一覧


【物理化学分野】

機能物質化学研究室
伝導性、磁性、発光特性等の電子機能性を有する有機分子材料の開拓と構造・物性の解明に取り組んでいます。
π共役系有機分子材料・電子機能性・分子認識
http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~hfuji/Welcome.html

構造物理化学研究室
ナノ粒子などの有機-無機集積体の構造を精密に制御し、構造に由来する機能の開拓を行います。
自己組織化・超原子・キラリティー
2022年4月着任

生命物理化学研究室
生体分子の分子構造から細胞機能に至る分子ダイナミクスを解明し、光で操作する手法を開発しています。
生体分子・細胞・レーザー
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/biophyschem/index.html

電子物性学研究室
電気抵抗率・熱電能・熱伝導率の測定とバンドや輸送係数の数値計算によって、結晶性固体の輸送現象や相転移を探究しています。
固体化学・強相関低次元伝導体・輸送現象測定と計算
http://e.sci.osaka-cu.ac.jp/yoshino/

光物理化学研究室
光を用いる物質創生ならびに微小反応場における化学反応の特異性を探索しています。
複合ナノ構造・微小液滴・超分子会合体
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/laser/laser.html

分子物理化学研究室
常磁性分子の磁気機能性や電子状態を解明する電子磁気共鳴分光法や開殻系量子化学理論の開発を行っています。
分子磁性・電子スピン共鳴・量子化学計算
https://qcqis.sci.osaka-cu.ac.jp/ms/jp/

理論計算化学研究室
計算機を活用して広範囲の化学反応や現象を理論的に解明する研究に取り組んでいます。理論と計算機を用いた化学現象の解明・人工知能を活用した分子集合体の物性予測・反応経路の自動探索法の開発
http://fock.c.s.osakafu-u.ac.jp/~asada/

【無機化学分野】

機能化学研究室
金属錯体を用いて基質応答性をもつ動的変換分子や発光分子など機能性材料の開発を行っています。
ランタノイド元素・錯体キラリティー・超分子錯体
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/func/FC/Top.html

資源環境化学研究室
天然光合成を模倣した太陽光エネルギー変換を目指し、水素製造、二酸化炭素の光還元・資源化に関する研究を進めています。
光化学・二酸化炭素利用・エネルギー関連化学
https://www.recap.osaka-cu.ac.jp/site/amao/

生体分子設計学研究室
生体を含む生態系に配慮した金属ー生体分子複合材料、および金属含有触媒の開発を行っています。生体機能関連材料・水溶性有機金属化合物・錯体化学
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/biomol/index.html

先端分析化学研究室
ナノ光工学/光科学に立脚する新しい高感度分析法と物質操作の方法論の開発を行っています。
光ピンセット・光化学・ナノ粒子
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/advanachem/index.html

複合分子化学研究室
機能性金属錯体・有機金属化合物・生体関連分子・π共役系分子の機能を融合したハイブリッド分子システムの開発を進めています。
生物有機金属化合物・キラリティー制御・触媒反応
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/HMC/

有機金属錯体化学研究室
遷移金属と有機分子(有機基)とが結びつくことで現れる新たな構造や反応性を探求しています。
有機金属化学・クラスター錯体・錯体触媒
http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~matuzaka/cluster/j-group.htm

 

【有機化学分野】

合成有機化学研究室
生物活性天然有機化合物の化学合成や合成方法論の開拓から分子レベルでの生命現象の解明を目指した研究を展開しています。
生物活性天然有機化合物・化学合成・生命現象
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/org2/index.html

精密有機化学研究室
遷移金属触媒を使った革新的な精密有機合成手法の開発をめざして、教員・学生が一丸となって日々研究に励んでいます。
有機合成・触媒・立体選択性
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/foc/

物性有機化学研究室
新奇π電子系化合物、先端有機機能性材料、生体模倣触媒の設計・合成と構造・性質解明を研究しています。
縮合多環芳香族化合物・精密高分子・金属錯体触媒
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/phyorg/POCweb/index.html

物理有機化学研究室
フローリアクター、生体触媒等を活用した環境調和型反応プロセスの開発に取り組んでいます。
フロー化学・生体触媒・生物有機化学

分子変換学研究室
天然有機化合物を題材として、有機合成から生物活性分子の創製に至る幅広い有機化学研究を展開しています。
有機化学・天然物化学・ケミカルバイオロジー
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/henkan/index.html

有機元素化学研究室
元素固有の性質を活かした「おもろい分子」の創製と機能の開発に取り組んでいます。
有機遷移金属錯体触媒・キラル化学・分子活性化
http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~ohashi/

有機反応化学研究室
生物活性分子を始めとする有機ファインケミカルズの合成およびその達成に必要な反応の開発や得られた分子の機能解析も行います。
有機合成・有機反応開発・生物活性分子
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/orc/index.html

有機分子化学研究室
これまでにないデザインと機能を持った3次元巨大芳香族炭化水素分子の開発を目指しています。
有機合成化学・構造有機化学・不斉合成化学
http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~kamikawa/index.html

 

進路状況


【学部】
大阪市立大学
R.2 就職先:関西電力(株),(株)けいせい塾,奈良県庁(2名)
R.1 就職先:(株)VCN、木村化工機(株)、三菱自動車工業(株)、ちふれHD(株)、
三井倉庫HD(株)、味の素(株)、公立大学法人大阪、兵庫県庁、
(学)大阪夕陽丘学園、(株)ネオキャリア
H.30 就職先:スターネット(株)、(株)宅都、日立化成(株)、東京海上日動火災保険(株)、
倉敷紡績(株)、三菱自動車工業(株)

大阪府立大学
R.2 就職先:大阪府教育委員会、清風南海学園(教職)、岸和田市役所
R.1 就職先: (株)日立製作所、ロート製薬(株)、住友電工(株)、アロージャパン(株)、NTTコムウェア(株)、
(株)JR西日本ITソリューションズ、野村殖産(株)、(株)てんてん、気象庁、税関、高校教員
H.30 就職先:京セラ(株)、(株)資生堂、ザイマックス(株)、(株)NTTデータアイ

化学科/分子科学卒業生のおよそ80~90% は大学院博士前期課程に進学します。
一方、大学4年間の課程を終え、学士学位を取得後、直ちに就職する卒業生もいます。

【博士前期課程】
大阪市立大学
R.2 就職先:住友ゴム工業(株)、日東電工(株)、(株)ダイゾー、(株)日本触媒、森田化学工業(株)、
タカラベルモント(株)、日本ペイント(株)、富士ソフト(株)、(株)ナード研究所、
(株)住化分析センター、(株)オプテージ、日亜化学工業(株)、ホーチキ(株)、
マクセル(株)、マクセルホールディングス(株)、デンカ(株)、大日本印刷(株)、
セイカ(株)、小林製薬(株)、コスモ石油(株)、ナガセケムテックス(株)、
住友精化(株)、日本通運(株)、東洋インキSCホールディングス(株)、地方公務員

R.1 就職先:住友ゴム(株)、(株)日本触媒、大阪ガス(株)、(株)モリタHD、奥野製薬工業(株)、
(株)カネカ、三井金属鉱業(株)、(株)テクノプロ、京セラ(株)、永大産業(株)、
(株)NSC、三菱ガス化学(株)、旭化成(株)、日東電工(株)(2名)、
日本ペイントHD(株)(2名)、大日精化工業(株)、宇部興産(株)、互応化学工業(株)、
(株)クラレ、三菱電機(株)、住友精化(株)、阪本薬品工業(株)、東リ(株)、
日本曹達(株)、御国色素(株)、エヌ・イー ケムキャット(株)、神島化学工業(株)、
(学)大阪産業大学、大阪市教育委員会、(財)材料科学技術振興財団

H.30 就職先:関西ペイント(株)、(株)堀場テクノサービス、(株)ADEKA、静岡ガス(株)、
日本化薬(株)、三洋化成工業(株)、ユーロフィン日本環境(株)、片山ナルコ(株)、
住友ゴム工業(株)、古河電気工業(株)、日本エア・リキード(株)、(株)成和化成、
(株)クラブコスメチックス、TOYO TIRE(株)、ニッタ・ハース(株)、
東洋紡(株)、石原産業(株)、(株)島津アクセス、荒川化学工業(株)、ユニチカ(株)、
日東電工(株)(2名)、(株)ダイゾー、JNC(株)、(株)日本触媒、ニッタ(株)、
(株)カネカ、(株)トクヤマ、浜理薬品工業(株)、地方公務員(1名)

大阪府立大学
R.2 就職先:大日精化工業(株)、(株)アウトソーシングテクノロジー、大日本印刷(株)、
一般財団法人日本食品分析センター、住友ゴム工業(株)、日本化薬(株)、JSR(株)、
三菱ガス化学(株)、タツタ電線(株)、日亜化学工業(株)、エア・ウォーター(株)、
東洋紡(株)、ニッタ(株)、アース製薬(株)、三ツ星ベルト(株)、日亜化学工業(株)、
ケイミュー(株)、コクヨ(株)、大日本塗料(株)、(株)大阪チタニウムテクノローズ、
ダイキン工業(株)、(株)GSユアサ、日東電工(株)(2名)、花王(株)、
三井住友カード(株)大阪本社、パナソニックセミコンダクターソリューションズ(株)

R.1 就職先:(株)日本触媒、JSR(株)、日本ガイシ、積水化学工業(株)、住友ゴム工業(株)、(2)、トクヤマ、ローム、サカタインクス、日亜化学工業(株)(3)、エア・ウォーター(株)、(株)村田製作所(2)、大阪ガスケミカル、麗光、ケーツー、YKKAP、新日本理化、VSN、ドコモテクノロジー、高校教員

H.30 就職先:東レ(株)(2)、(株)クラレ、住友ゴム工業(株)、TOTO、日本ゼオン、日本IBM、
三菱重工業(株)、(株)村田製作所(2)、エア・ウォーター(株)、丸菱油化、
日油、NSC、日亜化学工業(株)(2)、シキボウ、デンロコーポレーション、森永乳業、
日立ソリューションズ

【博士後期課程】
大阪市立大学
R.2 就職先:(株)クレハ、大阪大学
R.1 就職先:日産化学(株)、博士研究員(2名)
H.30 就職先:日本たばこ産業(株)

大阪府立大学
R.2 就職先:ダウ・ケミカル日本(株)