大阪公立大学 英語名称について(理事長メッセージ)

更新日:2021年3月12日

このたび、2022年4月開学予定の大阪公立大学(仮称・設置認可申請中)の英語名称を「Osaka Metropolitan University」に決定いたしました。
皆さまご承知のとおり、英語名称を巡っては、この間、大阪大学から先に決定した英語名称の再考を求められておりました。私としては、先の決定も国内の先例から見て自然な考え方と考えておりましたが、一方、大阪大学との関係においては、国際的な知の拠点として共に大阪の成長を担っていく存在であることから、この名称の問題を乗り越えて、緊密な協力関係を築いていくことが重要であると認識しておりました。
こうした中、今年1月に、大阪大学の西尾総長が当法人をご訪問いただき、大阪の発展に向けて両大学が連携・協力を一層深めていくべきとの西尾総長の強い思いを聞かせていただきました。私としてもその思いに強く共感し、両大学の間で持続的かつ良好な連携・協力体制を構築していくためには、名称の問題を早々に解決することが必要と考え、今般、英語名称を再検討することとしたものです。

新たな英語名称「Osaka Metropolitan University」は、法人内での検討のほか「新大学名称検討委員会」での議論、ネイティブスピーカーから聴取した意見なども踏まえ、決定いたしました。経済・文化の中心となる大都市を意味する「Metropolitan」という言葉に、世界有数の大都市圏である大阪から、世界レベルに果敢に挑戦する都市型大学をめざすという思いを込めております。また、大阪大学とは、今回を契機として、持続的で良好なパートナーシップを築くための包括連携協定を締結する方向で今後協議していくことで合意いたしております。

今後、大阪公立大学は、「Osaka Metropolitan University」の名称のもと“大阪発、世界レベルの高度研究型大学”としてグローバルに活躍の場を広げてまいりたいと考えております。教職員・学生の皆さまをはじめ関係各位には、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

令和3年3月12日
公立大学法人大阪 理事長 西澤 良記

PAGETOP