公立大学法人大阪の理念

法人の設立

 公立大学法人大阪は、旧公立大学法人大阪府立大学と旧公立大学法人大阪市立大学の新設合併により2019年4月1日に設立され、新たなスタートを切りました。

法人の目的

 豊かな人間性と高い知性を備え応用力や実践力に富む優れた人材の育成と真理の探究を使命とし、広い分野の総合的な知識と高度な専門的学術を教授研究するとともに、都市を学問創造の場と捉え、社会の諸問題について英知を結集し、併せて地域・産業界との連携のもと高度な研究を推進し、その成果を社会へ還元することにより、地域社会及び国際社会の発展に寄与します。
 このため、大阪府立大学、大阪市立大学、大阪府立大学工業高等専門学校を設置し、管理運営を行ってまいります。

3つの重点目標

 以下の3つの重点目標のもと、取組みを進めます。

 (1)先端的・異分野融合型研究の推進による高度研究型大学の実現
 (2)応用力や実践力を備えた国際力豊かな高度人材の育成
 (3)都市問題の解決や産業競争力の強化による大阪の発展への貢献

今後の取組み

 3つの重点目標の実現とあわせて、

  • 2大学・1高専における、これまでの様々な取組や活動成果の継承・発展
  • 「都市シンクタンク」と「技術インキュベーション」の二つの新たな機能の充実・強化
  • 大学業務における連携・共同化等、府大と市大との統合による新大学実現に向けた準備

などを進め、一つの新たな法人のもとガバナンスを強化し、新しい価値を創造することにより、府大、市大、高専のさらなる価値向上を図っていきます。

PAGETOP