森之宮キャンパス概要(1期:2025年開設予定)

1. 概要

良好な交通アクセスかつ大阪の東西都市軸の東部重要拠点である森之宮に立地するメインキャンパスとして、2025年に開設します。

(注釈:現計画は実施設計段階であり、今後変更となる可能性があります)

2. 特徴

コンセプトは「知の森」。地上13階建、高さ約60m、大阪城天守閣から見て生駒山の稜線をこえない高さとしています。中庭からは大阪城を眺めることができます。

3層からなるピロティを支える伸びやかな形状の「樹形柱」、外壁に「コモレビスクリーン」なる縦型ルーバーを配置することで強い日差しを適度に遮り、やわらかな光を建物内部に取り入れます。

通常の大学では食堂・体育館・図書館などは、独立した建物であることが一般的ですが、森之宮キャンパスでは一棟に全て集約しており、特に「ライブラリー」は基幹教育エリアの中央に位置し日常動線上に配置しますので、これまで以上に学生が日常的に利用するとともに、地域住民や企業との連携、イノベーションを生み出す「場」となります。

3. 施設仕様

校地面積:約19,300平方メートル 

校舎面積:約77,100平方メートル

利用学部等

  • 全学の基幹教育、文学部、医学部 リハビリテーション学科、生活科学部 食栄養学科
  • 文学研究科、リハビリテーション学研究科、生活科学研究科 生活科学専攻 食栄養学コース

4. イメージパース

正面図

正面図

南西からの景観

南西からの景観

5. アクセス

住所:〒536-0025 大阪市城東区森之宮2丁目
(注釈:計画予定地の住所を表示)

最寄駅

  • JR環状線「森ノ宮」駅下車、徒歩約10分(予定)
  • 地下鉄中央線「森ノ宮」駅下車、徒歩約10分(予定)